Family Life in Tokyo Kita City

Family Life in Tokyo Kita City

東京北区観光協会は、北区とともにシティプロモーション事業の一環として、区での子育ての魅力をPRする子育てプロモーション冊子を制作致しました。この冊子では、北区での子育てのしやすさを、お店、遊び場、コミュニティなど、日々の生活の場面に視点を当てながら紹介し、区が優先課題として掲げている「子育てするなら北区が一番」の浸透を図ります。平成30年12月3日(月)から北とぴあ1階にある観光情報コーナーや、区民事務所等の区関係施設で順次配布するほか、都営地下鉄駅や区外のファミリーレストラン・スーパーマーケット等でも配布致します。


北区では、子育てファミリー層・若年層の定住化及び区民の地域への愛着と誇りの醸成をめざし、2016年(平成28年)3月、「北区シティプロモーション方針」を策定するとともに、ブランドメッセージ「住めば、北区東京。」を設定。北区の魅力を区内外に戦略的・効果的に発信しています。最近では、当協会と北区が連携し、北区の産業団体に呼びかけ実行委員会を結成し、赤羽とゆかりのあるロックバンド・エレファントカシマシを通じたシティプロモーション事業を展開し、話題となりました。

今回このプロモーションの一環として、子育てファミリー層を主なターゲットに、北区での子育ての魅力を伝える冊子を当協会と北区で共同制作を行いました。北区での子育てを、家族で楽しめる飲食店や、親子の休日を彩る公園・図書館、地域とのつながりを感じられるマルシェなど、北区での日々の暮らしに視点を当ててプロモーションする冊子を制作し、「子育てするなら北区が一番」の浸透を目指します。北区での子育てへの興味や憧れがふくらむよう、写真やデザインにも工夫を凝らし、“北区でくらす”きっかけとなるような冊子となっています。

この冊子(A4変形判22ページ)の発行部数は10,000部。北とぴあ1階にある観光情報コーナーや区民事務所等の区関係施設で12月3日から順次配布を開始するほか、通勤通学路線の都営地下鉄駅や子育てファミリー層が多く集まる区外のスーパーマーケット・ファミリーレストラン等でも順次配布する予定。紙媒体に加え、当協会ホームページでの公開やFacebook・Twitter等のSNSでの周知を行う等、広く発信していきます。


〈参考〉冊子配布先一覧

配布場所 配布期間(予定) 詳細
区内施設 12月3日(月)から順次 東京北区観光協会、北とぴあ1階観光情報コーナー、赤羽観光PRコーナー、広報課、区政資料室、第一庁舎地下巡視室、区民事務所(王子・赤羽・滝野川)、戸籍住民課戸籍係、保育課、子ども家庭支援センター、中央図書館
区内駅の区広報スタンド 12月3日(月)から順次 JR:赤羽(北口)、駒込(東口)、田端(北口)、王子(北口)、板橋(東口)
東京メトロ:駒込(北口)、王子
都営地下鉄:西巣鴨(北口)、新板橋
区外都営地下鉄の駅スタンド 12月7日(金)から

1ヵ月程度

飯田橋、市ケ谷、六本木、麻布十番、新宿西口、新宿(大江戸線)、代々木、三田(浅草線)、大門((大江戸線)、新橋、日本橋、九段下
区外スーパーマーケット 12月6日(木)から
1か月程度
ダイエー:大宮店、南浦和東口店、小平店、三軒茶屋店、西台店、武蔵村山店

イオンストア:所沢店、金沢八景店、東戸塚店

区外ファミリーレストラン 12月6日(木)から
1か月程度
ジョナサン:有楽町店、八丁堀店、麻布十番店、四谷店、大久保店、本駒込店、御徒町店、渋谷駅新南口店、池袋駅南口店、

ガスト:秋葉原駅前店、麻布十番店、赤坂見附店、新大久保店、市ケ谷駅前店、新宿小滝橋通店、鶯谷店、仲御徒町店、渋谷駅前店、代々木店、池袋駅東口店、目白駅前店、南池袋店、

バーミヤン:新宿西口大ガード店、小石川柳町店

城北信用金庫全支店

※閲覧のみ

12月3日(月)から順次 区内外全店舗
PAGE TOP